より安全で快適な運転を支える先進運転支援システム(ADAS)

安全に対する要件が高まるにつれて、現在も、そして完全自動運転車への移行期においても、検出関連の技術と運転支援はますます重要になっています。フォルシア クラリオン エレクトロニクスは、ドライバーの運転、操作を簡単にしてストレスを軽減し、乗客、車両、道路の安全性を高めることに重点を置いた先進運転支援システムを幅広く提供しています。

当社システムの視覚テクノロジーと車載インテリジェンスは、完全自動運転への道の基盤となる技術です。高級車両のカテゴリーを超えてADAS機能を手頃な価格で統合し、将来の自動運転状況をお手頃に拡張する方法を模索することができます。

電子ミラーとサラウンドビューシステム

ドライバーの視界を改善し、安全性を高める電子ミラーとサラウンドビューシステム

当社は、サラウンドビューカメラをベースとした1000万以上のシステムを設置し、人々が道路の特徴をさらによく視覚化して、駐車や後進、または操縦の際に障害物を検出できるようにしました。高度なソフトウェアの専門知識を利用して、リアルタイムのビデオ処理により、運転席の環境を360°、鳥瞰図、3Dディスプレイを通じて運転環境の完全なビューを作成できます。

最先端のカメラと電子ミラーや超音波センサーなどのセンシング技術を組み合わせることで、日中のまぶしさや複雑な光の状態に対処したり、夜間運転の視認性を向上させるかどうかにかかわらず、すべての気象条件下で利便性とセキュリティを強化したりできます。また、トレーラーでの操縦や駐車時に、ドライバーを支援する専用ソリューションも提供しています。システムの背後にある多様な検出テクノロジーを利用して、死角や車線維持から移動物体の検出まで、障害物や危険因子についてドライバーに警告できます。

e-mirror運転席の追加技術も安全な運転に貢献します。当社の電子ミラーの機能範囲は、周囲の環境に関する動的なビューとアラートを提供します。従来の外部ウィングミラーをコンパクトでインテリジェント、かつ軽量なセンサーに置き換えることにより、さらに安全な走行条件を確保するだけでなく、空力性能の向上で燃料消費量の削減にも貢献します。

自動運転の応用は、車両のセンシング技術からいつでもクリアな視界を得ることに依拠しています。100万台以上の車両に組み込まれた汚れ検知システムをベースとして、フォルシア クラリオンは、汚れを検出し、過酷な環境条件下でカメラおよびLIDARセンサーの明確な動作を保証する、クリーニングソリューションを進化させ続けています。

主な技術
リアビューおよびサラウンドビューシステム
電子ミラー
カメラ/LIDARクリーニングシステム
自律駐車システム

利便性を高める自動および自律駐車システム

スケーラブルな駐車支援ソリューションを提供し、垂直や並列、前方、または後方駐車、およびトレーラーでの低速運転を支援します。ドライバーがまだ乗車しているか、または車両を遠隔操作している状態で、画像処理機能、カメラや超音波センサーからのデータの融合、車両制御アルゴリズムを活用し、スペース、ライン、障害物、または動く物体を検出し、車両のステアリング、加速、およびブレーキを操作します。。

当社の高精度な自動駐車ソリューションは、2017年に日産リーフに初めて搭載されました。視覚化および車両コントロールに関する専門知識を利用して、自律的なピックアップや、バレットパーキングソリューションにより、さらに前進することができます。周囲の環境を特定して動的にマッピングするLIDARのようなカメラ、超音波、レーダーセンサーから利用可能なすべてのデータを活用し、 車両が障害物を検出して反応し、複数の経路を経由して、目的地まで安全にルーティングできます。
 

自律ピックアップ機能では、ユーザーがスマートフォンアプリを通じて車両を呼び出します。無人車両は、駐車中に生成されたマップを使用してルートを再計算し、環境を監視してドライバーまで戻る際に障害物を回避します。例えば、ショッピングカートやバッグ、幼児について個人が責任を負うスーパーマーケットの駐車場などの人や車両の多いエリアで、利便性と安全性を向上させるように設計されています。

この技術の次のステップとしては、車両が動的マッピングとインフラ機能との通信を利用して、駐車場所へ独自の道を見つける、自律型バレットパーキングソリューションが挙げられます。様々な車載センシングテクノロジーからのデータを活用し、操縦と駐車の複雑さをすべて処理します。その後、リモートで呼び出しドライバーをピックアップします。