個別化された体験のコックピットドメインコントローラー

移動中にテレワークを行ったり、ネットサーフィンや音楽・映画、ゲームを楽しんだりする人が増えてくるにつれて、自動車は私たちの生活空間やオフィス空間の延長として活用される場所になりつつあります。当社は、インフォテインメントプラットフォームの設計に関する経験を活かしながら、今日のコネクテッドライフスタイルを促進し、車両での体験を向上させています。

今日の車両には、車内の様々なディスプレイと機能に必要な電子制御ユニットがいくつも搭載されています。ユーザーが使いやすいように、また実装の費用対効果が高くなるようにそれらのユニットを統合することが、自動車メーカーにとっての課題です。
フォルシア クラリオン エレクトロニクスのコックピットドメインコントローラーは、インフォテインメント、クラスター、ヘッドアップディスプレイから乗客用および接近検知ディスプレイまで複数のディスプレイを単一のシステムで管理することによって、こうした複雑さを軽減します。   

車載インフォテインメント(IVI)

インフォテインメントサービスの充実と保護

スマートフォンのミラーリングや車内ネットワークといった基本機能から、キャビンの前後にある複数の高解像度マルチディスプレイを通じてサービスやアプリをカスタマイズする機能まで、当社はどの車両カテゴリー向けにも幅広い機能を備えた拡張性の高いプラットフォームを提供しています。電話通信、安全なインターネットアクセス、組み込みまたはクラウドベースの様々なメディアコンテンツから車内でのゲームプレイまで、完全ネット対応の車内体験を実現するあらゆる技術を統合します。

当社のソリューションは、使いやすさを念頭に置き、直感的なHMI技術を利用して設計されているので、乗員はタッチ、ジェスチャー、音声による操作でエンターテインメント機能を使ったり、シートや冷暖房を快適に設定したりできます。自宅でも運転席でも同じように操作できるように、Alexa、Xiaodu、Alice、Googleなど車載用の音声アシスタントを統合することもできます。様々な使い方が進化していくのにあわせて、運転席をパーソナライズしたりアップグレードしたりする自由度もあります。当社のソリューションは連続生産に対応しており、すでに様々な構成に統合されています。

コックピットドメインコントローラー(CDC)は単一のシステムオンチップアーキテクチャなので、ディスプレイを調整し、ソフトウェアおよびファームウェアを無線でアップグレードするのも簡単です。専用のハイパーバイザーを利用して複数のオペレーティングシステムを管理するので、安全性とインフォテインメントのドメインが確実に分離されます。自動車用Android環境に関する当社の豊富な経験に基づいて、アプリやサービスの開発と統合を簡素化することができます。

当社のCDCの設計には、該当する自動車安全度水準に準拠した、ハードウェアおよびソフトウェアの複数のセキュリティ保護機能が採用されています。セキュリティ・バイ・デザインのアプローチの一環として最新のサイバーセキュリティ対策を適用し、車内および車外のネットワーク接続すべてを通じて乗員の安全、データのセキュリティ、車両およびその動作の完全性を確保しています。
 

IVI

広範なUXの調査とテスト経て、「Quadview」と呼ばれるスケーラブルなマルチビューグラフィカルインターフェースを開発しました。 これにより、複雑なメニュー構造がなくなり、オプション間の切り替えが容易となって、車載サービスの管理が簡単になります。ドライバーが気をとらないように、当社の技術ではウィンドウサイズを変更する際に、優先度管理を使用しています。例えば、HVACまたはオーディオ設定を調整するための温度または音量コントロールから、キーコントロールのアイコンを保ちます。また、ディスプレイ画面上部で簡単にアクセスできる一連のオプションまでドラッグアンドドロップするだけで、最もよく使用するアプリやサービスを並べ替えることができます。

後部座席用車載インフォテインメントシステムが

より個人に合わせたインタラクティブな体験を演出

共有モビリティの高まりにより、キャビン全体のエンターテインメントを改善する、新たな設計アプローチが推進されています。ユーザーが容易に接続して操作できるようにして、自宅でも車でも視聴やゲームを継続できるように設計することが重要です。当社のCDCが管理する、後部座席のエンターテインメントシステムをご利用いただくと、後部座席の乗客が車載マルチメディアアクティビティをコントロールできます。

 

Rear seat infortainment事前にロードされた様々なエンターテインメントオプションから選択し、携帯用デバイスから好きなコンテンツをプラグアンドプレイで再生するほか、人気のオンデマンドビデオ、音楽、生産性アプリやゲームアプリを安全にダウンロードできます。デジタル著作権の管理も万全です。一体型カメラは、ビデオ通話、道路状況の視覚化、後部座席の子供のビデオカメラ監視などの機能に対応しています。ヘッドユニットまたはスマートフォンに接続されているので、完全なペアレンタルコントロール下に置くことができます。

デュアルAndroid機能を備えた専用の自動車用セットトップボックスを搭載した当社のソリューションをご利用いただくことで、自動車メーカーはプレミアムなエンターテインメント体験を提供できます。フォルシアの統合された専門知識の活用して、座席に高解像度ディスプレイを埋め込む、乗客ごとにプライベートなサウンドゾーンを作成する、直感的なHMIを作成するなどが可能になります。

ユニバーサル/リモートラジオチューナー

世界中のラジオを受信するユニバーサル/リモートラジオチューナー

複数市場向けのグローバルプラットフォームで自動車を開発する場合、世界中のラジオ規格に対応するために3種類のハードウェアの設計が必要になることがあります。ユニバーサルリモートチューナーは、優れたオーディオエクスペリエンスに加えて、最高クラスのラジオ受信を実現する、ソフトウェアベースのオールインワンソリューションです。

コンパクトな設計に応じたラジオソフトウェアを軽量ケーブルと組み合わせることによって、自動車メーカーは世界中のラジオ放送をより簡単に、また高い費用対効果で統合しアップグレードできるようになります。当社のソリューションは、高品質のAM/FM、DAB、DAB+、DRM、DRM+、CDR、ウェブラジオ、HDラジオに対応し、最先端の処理アルゴリズムを利用して、高速で正確なチャンネルスキャンおよびシームレスな切り替えを実現します。

主な技術
スマートリモートチューナー(独立型またはCDCに事前統合済み)
アプリストア

当社の充実したアプリ市場により、完全なメディアスイートに無制限にアクセス

アプリストア自動車が人々のデジタルライフスタイルの延長になるにつれて、自動車メーカーは、様々な車載サービスやアプリを提供できる、費用対効果の高い安全な方法を必要とします。当社はナビゲーション、オンデマンドの音楽またはビデオ、ソーシャルネットワーク、生産性アプリやゲームとの通信をカバーするAndroidベースのアプリライブラリを有しています。自動車メーカーはそれを利用して、車載インフォテインメントの提供を個別化し、充実させることができます。

50以上の戦略的パートナーとの共同で開発され、800,000個のアプリを幅広く選択することができます。すべてのアプリには、自動車業界の標準的なライセンス契約と完全な無線のライフサイクル管理が採用されています。その他の有名な自動車サービス市場に向けた独立的な代替チャンネルを提供することで、自動車メーカーは各国独自のアプリや車両中心のアプリの開発など、サービス提供を調整して収益化できます。