高度にカスタマイズ可能な先進的なディスプレーソリューション

優れた技術によってユーザーエクスペリエンスを変革し、すべての車載サービスとのやり取りや、メリットをより簡単に得られるようになります。小型、中型、および大型のサイズや複数形式のディスプレイに至るまで、フォルシア クラリオン エレクトロニクスは運転席の設計に対して総合的なアプローチをとり、ドライバーと乗客に安全かつ直感的でより楽しいモビリティを提供します。

小型、中型、および大型のサイズや複数形式のディスプレイモジュール

シームレスな車内体験をもたらす先進的ディスプレイソリューションの統合と個別化

ディスプレイの統合は、車載HMI構成の重要な要素であり、より没入的で直感的なユーザー体験をもたらすために欠かせない要素です。新しいモードとアプリケーションをサポートするために、ディスプレイは急速に進化しつつ、照明などの周辺機能を統合することで、ドライバー情報、インフォテインメント、車載コントロールに対してシームレスにアクセスできるようになっています。ディスプレイサイズが大きくなるにつれ、電子機器、コックピットアーキテクチャ、安全性、装飾など、複数の要件に対応するという課題も生まれています。

display

フォルシア クラリオン エレクトロニクスのディスプレイは、自動車メーカーがピラーからピラーまでの大きなディスプレイ画面(最大1.5m)を通じて、車内のインテリアを自由にカスタマイズできるようにすることを目的としています。フォルシアがオプティカルボンディングを専門とするCovaTech 社を買収したことで、次世代ディスプレイを開発する革新的な方法がもたらされました。ソリューションは、社内の専門知識、電子機器のコア生産能力、コックピットアーキテクチャ、ディスプレイテクノロジー、および高解像度画像とインタラクティブな画面を提供する統合の恩恵を受けます。

当社は、人間工学、安全性、美観に焦点を当てて、直感的に操作できユーザーがすぐに理解できるような触覚インターフェース、3D状ディスプレイ画面への触覚の相互作用など、表示と画面全体に対する、様々な機能を統合しています。当社のR&Dは、アジア全域の優れた技術パートナーのエコシステムとつながっています。顧客と緊密に連携することで、ブランドの目標と車両環境に合わせてソリューションを調整し、個別化します。。

主な技術
大きなディスプレイ画面(最大1.5m、平面&曲面 )
没入型ディスプレイ(インデックス/カラーマッチング、高性能バックライト)
インタラクティブディスプレイ(タッチ、フォースセンシング、アクティブ/パッシブなハプティック)
様々な形状のオプティカルボンディング